脂質異常症にはサプリメントが良い?数値を改善

どうして脂質異常症から動脈硬化になるの?

 

中性脂肪や悪玉コレステロールが血液中で多くなりすぎてしまう、または善玉コレステロールが基準値よりも少なすぎてしまっていると脂質異常症と診断されることになります。いずれの脂質異常症にしても、発症しても自覚症状が出るということは殆ど無いのです。自覚症状がないのであれば無視しても構わないだろうと思った人もいるかもしれません。

 

ですが脂質異常症が進行すると、動脈硬化になりやすくなってしまいます。動脈の柔軟性がなくなってしまったり、内壁に脂質などがこびりついて、血管内部が狭くなって血液がスムーズに流れなくなってしまうのが動脈硬化です。

 

日本人の場合、心筋梗塞や狭心症などのような心臓病や、脳梗塞や脳出血のような脳卒中が死因の上位になっているのですが、どちらも動脈硬化が発端になってしまっているケースが非常に多いのです。そして、この動脈硬化は脂質異常症から引き起こされるわけですので、決して無視できる存在ではないのです。

 

この脂質異常症がどのようにして動脈硬化を引き起こしていくのかについてお話をしたいと思います。脂質異常症は3種類あるのですが、その一つに悪玉コレステロールが増加してしまうというものがあります。これをLDLコレステロール血症というのですが、これが動脈硬化に発展する可能性が最も高くなっています。

 

血液の中に悪玉コレステロールが多くなってしまうと、血管の内壁に沈着していきます。そして、沈着された脂質は活性酸素の影響によって酸化をしてしまい、酸化LDLになってしまいます。

 

この酸化LDLを異物とみなした免疫細胞の一つであるマクロファージが攻撃をしていくのですが、攻撃をした後に酸化LDLを取り込んだマクロファージが死んでしまって、動脈内で沈着してしまいます。これによって、動脈内が狭くなってしまうのです。

 

また、中性脂肪が血液中に増えてしまうと、善玉コレステロールが少なくなってしまいます。この善玉コレステロールが減ると、悪玉コレステロールを回収しきれなくなってしまい、動脈硬化になりやすくなってしまうのです。ですので、このような状態にならないようにするためにも、動脈硬化になる前に、コレステロールの数値を正常にしていく必要があるのです。

 

何科で脂質異常症の治療を受けられるの?

 

 

脂質異常症の疑いがあると言われた場合、再検査をしていく必要があります。そして、再検査で脂質異常症だと診断されなかったとしても、血中の中性脂肪などが多くなっている可能性がありますので、予防をしておいたほうが良いでしょう。病院で治療を受ける場合生活指導を受けながら、治療をしていく必要がありますが、何科で診察をうけるようにすれば良いのでしょうか?

 

内科で診察をしてもらおう
脂質異常症だけに限らず、生活習慣病というのは、その大半が内科で診察を受けて、内科で治療をすることになります。この脂質異常症によって動脈瘤や動脈硬化になってしまっている場合は、他の科で入院をして手術を受けるケースも有ります。

 

総合病院である必要はありません
治療というと総合病院のような大きな病院で無くてはならないと思っている人もいるかもしれません。個人クリニックなどでも食事の指導や治療などをしてもらうことができるようになっていますので安心してください。このように脂質異常症は内科や個人クリニックでも治療をしていくことが可能になっています。

 

ただし、合併症になってしまったり、進行してしまっている場合は、内科以外に行かなくてはならなくなってしまったり、入院をする必要が出るということもありますので覚えておいてください。そこまでならないようにするためにも、脂質異常症は早めに見つけるようにしておかなくてはなりません。ですから、1年に一回は定期検診を受けるようにした方がいいでしょう。

 

健康に効果がある酵素を選ぶ上で必要なこと

 

今、健康に対して非常に注目されているのが酵素となります。この酵素サプリメントの選び方を説明します。酵素というのは人が生きていく過程で必要な活動の全てに作用している成分となっております。もちろん様々な病気の予防にもなりますが、この酵素にも沢山のサプリメントがあります。どういったものを選べばいいのかポイントを押さえて選び方を把握しておきましょう。

 

では、まず一つは熱処理していないものを選びましょう。酵素は熱に弱いので熱処理されていると効果がなくなります。サプリメントにする過程で熱処理をしないといけないものは避けるようにしましょう。

 

次にしっかりと科学的に効果が証明されている製品を選ぶことが大切です。酵素が健康にいいというのは誰もが理解していることですが、その製品が効果があるかどうかはわかりません。ですので、その製品による効果があるという根拠がしっかりと記されているものを選ぶといいでしょう。

 

そして、これは非常に大事なものですが継続できそうなものを選びましょう。飲みにくかったりすればいずれ飲まなくなってしまう可能性がありますので飲みやすい脳梗塞 サプリを選ぶというのも選ぶ上で非常に大事なことになります。

 

そして最後が、安全性に注意して選ぶという事になります。健康食品なのに健康を害したら意味がありません。とにかく製造元だったり添加物などが含まれているのかをしっかりと確認した上で選ぶようにしましょう。これらを総合して自分のお気に入りのサプリメントを選ぶといいでしょう。

 

記憶力改善にコリン食

 

認知症予防で最近注目を集めているのがコリン食です。このコリン食の「コリン」とは脳内の神経伝達物質アセチルコリンのコリンを言います。このアセチルコリンを増やすための食事が簡単に言えばコリン食です。

 

アセチルコリンは記憶能力に関係していて、これが不足すると記憶障害が生じるとされています。ですから、脳に十分なコリンが供給されることによって記憶力の維持に効果的だと考えられるわけです。

 

そのコリン食とはどういったメニューになるのかと言いますと、特別なものではありませんので安心してください。普段から食卓に上がるようなものばかりです。

 

卵や大豆、納豆、豚レバー、ニシンなどがコリンを多く含んでいるので、意識的にこれらを摂取するのがコリン食です。カロリーが多いものが並んでいるように見えますが、たくさん食べなくても必要量は摂取できますから、特にこれらを大量に食べる必要はありません。欠かさないことを意識しましょう。

 

コリンを多く含んだ食品を食べるのが良いというのは、コリンは体内ではほとんど合成されないために、その補給は外部からの摂取に頼ることになります。コリンと一緒にビタミンB12を摂ると、一層の効果が期待できるということですから、ビタミンB12を含むレバーや、牡蠣などの魚介類を意識して摂取するのが良いでしょう。

 

コリンについてはサプリメントも出ていますし、多くの健康食品が販売されています。ちょっと物忘れが気になってきた、そういう方は、ぜひコリン食を始めてみてはいかがでしょうか。もちろん、すぐにそれで記憶力が上がるわけではないので、一定期間続けることが大切ですよ。

 

プロテインは筋肉疲労に有効

 

プロテインといえば高たんぱく質のサプリメントや栄養補助食品ですが、プロテインが疲労回復に高い効果を発揮するということについて紹介したいと思います。よく知られているように筋肉の構成成分は主にタンパク質です。通常、筋肉を作るためにはタンパク質の元になるアミノ酸が必要になります。

 

アミノ酸と一口に言っても様々なものがあるのですが、多くのアミノ酸を含むプロテインを摂取することにより、筋肉の増加や筋肉疲労の解消に効果を期待することができます。

 

プロテインが筋肉疲労に有効であることを表す研究結果として、自転車選手に練習後、炭水化物だけを配合したドリンクと、炭水化物とプロテインを配合したドリンクを与えるという方法で体内のエネルギー源となるグリコーゲンの再合成を比較したところ、後者の方が有意に高い数値を示しました。また、その後のパフォーマンスを比較しても、炭水化物+プロテインドリンクを摂取したグループの方が良い結果を出しているのだそうです。

 

こうした実験結果からは、プロテインの摂取は筋肉の疲労回復に有効であるということができます。最近のプロテインの中には、疲労や細胞の機能劣化を招く活性酸素の撃退に有効なビタミン類を含んでいる商品も多く、効率的な筋肉疲労の回復が見込めるでしょう。

 

ただ、プロテインの場合はあくまで筋肉疲労に有効ということであり、その他の種類の疲労、たとえばストレスなどには効果がありませんので、使い分けが重要です。

 

去勢した犬にはどんなドッグフードがいいの?

 

愛犬の去勢手術をした場合、ホルモンバランスにも大きな影響をあたえることになります。そのため、去勢をする前と比べると消費カロリーも少なくなりますので、去勢手術をしたら脂肪がつきやすくなります。

 

摂取カロリーは減っていないのに、消費カロリーは減ってしまっているのであれば、それだけ脂肪として体の中に蓄えられてしまうことになります。犬の場合も肥満は健康を害してしまう危険性が高くなってしまいますので、肥満にならないようにしっかり対策をしていかなくてはなりません。

 

去勢をした犬用のドッグフードも販売されているのですが、去勢したからといって必ずしも、去勢用のドッグフードを食べさせなくてはならないというわけでもありません。

 

カロリーを調節していますから、肥満になりにくくなっているのですが、これまで食べさせていたドッグフードでも特に問題はないですし、肥満にならないように極端に与える量を少なくするということをしなくても大丈夫です。

 

ちょっと太ってきたかな?と感じてからおやつや食事の量をちょっと少なくしたり、運動をしっかりさせるようにしてもいいでしょう。それにドッグフードを与える量を減らした場合、必要になる栄養素を十分に摂取することができなくなってしまう可能性もあります。

 

無添加のドッグフードを与えることで、しっかり栄養素を摂取させることができるようになりますし、質のいい動物性タンパク質を摂取することもできるようになります。

 

これまで特に意識をせずにドッグフードを選んでいたのであれば、これを機に無添加のドッグフードに切り替えてみてもいいのではないでしょうか?

 

逆に去勢手術をしたことによって一時的に食欲減退をしてしまうということもあります。このような場合は、ドッグフードに問題があるというわけではないですので、しばらく様子を見てみるといいでしょう。

 

参考:https://xn--cckya2od6f5751c.com/

 

更新履歴