トップページ > プロペシアにはどんな効果があるのか?

プロペシアにはどんな効果があるのか?

男性型脱毛症の治療に役立つといわれている治療薬としてプロペシアがあげられます。以前は日本では、なかなか手に入りづらくなっていましたが、厚生労働省が認めたため病院で処方されるようになりました。

 

そのため、男性型脱毛症に悩んでいた人たちで、プロペシアを処方してもらうという人も増えていったのです。しかし、プロペシアの効果について正しく理解をしていないという人が多いことも事実です。

 

プロペシアを処方してもらおうと考えているのでしたら、プロペシアにはどのような効果が期待できるのかも理解をしておくべきでしょう。男性型脱毛症を改善させやすい治療薬になっているのがプロペシアです。そして、プロペシアを服用したことで、効果を得られたという人も増えていっています。

 

このプロペシアというのは、フィナステリドといわれる成分が配合されています。フィナステリドには、ジヒドロテストステロンんといわれる男性ホルモンが作られにくくなる働きを持っています。そのため、男性型脱毛症が進行しにくくなっていくのです。

 

ジヒドロテストステロンは、5αーリダクターゼと呼ばれている酵素がテストステロンを変換させたものです。その5αーリダクターゼをフィナステリドが抑制していくのです。これによって、薄毛になりにくくなるだけではなく、発毛しやすくすることが可能になるのです。

 

臨床試験でもプロペシアが男性型脱毛症に対して作用するということは確認されています。ただ、まだ男性型脱毛症の実態がすべてわかっているというわけではありません。ですから、今後の男性型脱毛症の研究しだいでは、他のアプローチ方法で男性型脱毛症を改善させる方法も見つかってくるのかもしれません。

 

しかし、現在のところ、プロペシアが有効であることは分かっているのですから、将来的にもプロペシアが用いられることになるのではないでしょうか?